交通事故

二度と交通事故を起こさないために

任意保険加入の必要性

交通事故を起こすと

 

懲役、罰金や免許の点数付加等の処罰を決める刑事手続きとともに

死亡保障、怪我の治療費や車の修理費と損害賠償を決める民事手続きも行う。

 

死亡事故となると加害者に対する損害賠償額は数億円になる場合もある(数年前に小学生の起こした自転車事故で小学生の親に対し9500万円という高額な賠償命令がだされている。)

 

その為に、車やバイク等を運転するには自動車損害賠償責任保険という名の強制保険の加入が義務付けられている(非加入の場合は罰則あり)

最近では自転車に対しても保険加入を義務付ける自治体が増えている。

 

強制保険でカバーできる保障範囲の上限は

死亡保障3000万円

治療費120万円

とあり、これはあくまでも上限であるので無条件に全額支払われるわけではない。

ある程度高額な保障制度であるが、強制保険だけの加入では死亡事故の保障に対して全く足りていない。

生涯賃金3億円と言われている時代、その賃金すべてを保障に使って払いきれるかどうかである。

死ぬまで事故被害者の為に働き続けなければならない。

 よって強制保険だけではカバーできない部分の支えである任意保険は事故加害者、被害者の双方の人生を支える上でも加入すべきである。

 

また、強制保険には対物保障に関する項目がない。

つまり対物事故に対しては何の保障もしてくれない。

ニュースで報じられるコンビニ等の建物に衝突する事故や、高級車との接触事故等、治療費は強制保険でカバーできるかもしれないが、任意保険非加入であれば修理費は全額自己負担しなければならない。

場合によっては数百、数千万円の費用になる可能性もある。

 原付バイクを運転していて、駐車しているベンツに接触した。絶対にありえないという話ではないと思う。

任意保険の対人無制限、対物無制限の保障の必要性はここにある。

 

更に、強制保険の手続きは資料が送られてくるのみで、すべて当事者が手続きをしなければならない。

加害者も負傷してる場合もあれば、仕事等で忙しい合間に保険の手続きや相手との折衝をしなければならない。

任意保険に加入していれば保険会社の人間が、事故当事者の正当な代理人としてその苦労を代わってくれる。誰しも事故の相手方と折衝したくないものである。

それだけでも任意保険加入の意義が十分にある。