交通事故、交通規制

交通事故(人身、対物)と交通規制(通行規制)

自転車事故

自転車同士の接触

自転車と歩行者の接触

自転車の自己転倒やガードレールとの接触

 

これらはすべて交通事故扱いとなる。

 

つまり警察に対する報告義務が発生する。自転車だからと言って軽微に考えてはいけない。

刑事事件として捜査される場合もあるのだ。

 

相手に怪我をさせた場合は過失傷害や重過失傷害という罪名で、捜査がなされる。

これは車での事故同様、懲役や罰金の罰則がある罪である。

 

では自転車事故の問題点はどこにあるのか?

 

「自転車事故は交通事故であるという認識の甘さ」

が挙げられる。

 

自転車の事故なんて大したことないわ。

という認識により、自転車事故保険の加入者がとても少ない。

よって事故後に治療代の支払い等で相手方と揉めることがしばしばある。

 

相手も私も怪我大したことないわ。

という認識から事故当日に事故の届け出をしない、又は届け出が遅れることも多く、相手と示談交渉がもつれてから警察に届け出る場合も多い。

しかし事故から時間が経過すると、事故の痕跡がなくなってしまい、事故として認定が難しくなり、事故証明書が作成できないケースもあり、示談交渉が必ずしも好転するとはかぎらない。

 

保険加入者が少ないことから、自分の身は自分で守らなければならない。

車の保険や、住宅保険の特約として、自転車事故等をカバーしてくれる日常生活保険について加入しておくべきである。