交通事故

二度と交通事故を起こさないために

過失割合

過失割合とは交通事故における過失(不注意)の度合いである。

 

双方の車両が動いている状態で事故を起こした場合は基本的に双方に過失が生まれる。

例えば、交差する道路幅が同じで信号機のない交差点で出合頭事故を起こした場合の双方の過失割合は50対50となる。

これをベースに一時停止や優先道路等の道路形状によって過失割合が変化していく。

 

自転車だからといって、過失割合が低くなることはない。

基本的に車と同じように過失割合が算出される。

自転車だからといって軽い気持ちで一時不停止や信号無視をして事故を起こすと思わぬ損害賠償請求をされる可能性がある。