交通事故

二度と交通事故を起こさないために

信号

青信号

横断することができる。(許可)

これはあくまでも許可であって横断しなければならないという強制ではない。

よって横断するに際して、他の車両や歩行者に対して注意をして横断しなければならない。

 

黄信号

横断を始めてはいけない。横断中の場合は速やかに渡りきるか、引き返すか、しなければならない。

 

赤信号

横断してはいけない。

 

黄点滅信号

他の通行に注意して進むことができる。

決して交差する赤点滅信号に対して優先されているわけではない。

 

赤点滅信号

車は停止線手前で一時停止し、安全確認してから進まなければならない。

自転車も一時停止しなければならない。

 

赤信号無視の車と事故を起こした場合、青信号だからといって、悪くないわけではない。

青信号はあくまでも許可であるから、運転者には事故が起こらないように注意した上で横断しなければならない。

よって青信号で事故を起こした場合であっても事故の過失は問われる。

 

交差点の先が渋滞している場合は青信号であっても車を発進させない。

これは青信号における注意義務と言える。

 

青信号での注意義務は車、自転車、歩行者すべてに言えること。